所長 弁護士岩下智和

 

1. 市民の目線での弁護士活動

 私は、常に市民の目線での弁護士活動を心掛けています。弁護士など生涯縁が無いと思っていた市民が、ある日突然に法的解決が必要な紛争に遭遇したときに、良き相談相手となり、合理的な紛争解決の援助ができることが、弁護士の基本的な使命であると考えています。

 何の権力も有せず、独力での解決手段を持たない、いわば弱い市民にとってこそ、弁護士の援助が必要なのだと思います。最近解決した、小海町の県道崩落事故訴訟のように、国や県などの行政の責任を追及する訴訟などの場合には、まさに弁護士の援助は欠かせないものです。

 

2. 市民生活の破壊をもたらさないための弁護士活動

  サラ金業者は、テレビのコマーシャルなどで高利の融資を派手に宣伝し、「無人貸出機」の急激な普及などにより、高金利融資の勧誘を活発に行っています

 このため、返済不能な融資による生活破壊がもたらされています。高金利の商工ローンにより倒産に追い込まれる中小企業も後を絶ちません。貨幣経済は本来人間 の生活文化を向上させる手段にすぎないものです。人間の生活が高金利の支払いに隷属することなどあってはならないことです。その意味で、高金利の融資活動 は強い法的社会的制約を受けなければならないものです。私は、利息制限法に基づく合理的な解決や、民事再生手続きや破産手続きにより、借金地獄から抜け出して健全な市民生活を取り戻すことができるような弁護士活動も続けていきたいと思います。

 

3. 労働者の権利を擁護する弁護士活動

 労働により賃金を得て生活することは労働者の基本的権利です。安易なリストラなどにより職場を奪われることがあってはなりません。近年解雇や、失業者が急増していることは残念なことです。労働者の働く権利を守るための弁護士活動にも力を注ぎたいと思います。

強制執行・差押え
支払督促
役員変更・会社解散
債務整理・自己破産
成年後見・財産管理
生前贈与・遺言
損害賠償請求
慰謝料請求
過払金返還請求
個人再生
刑事事件